Jan 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Mobile




« 2017年6月 | メイン | 2017年8月 »

2017年7月

Jul

31

2017

特撮とフレンチアニメーション、日記・雑記

おはようございます!アニメーションコース三回生の越野です。

毎年この時期は趣味を後回しにして、暑い中課題を頑張っている学生が多く、学科全体が忙しく活動していますね。

もちろん自分は課題を後回しにして、趣味である「作品作家研究」にばかり精を出しています!

最近は本領である海外作品からいったん離れ、ジブリなどの和製アニメを研究中。

Img_3070

ドドン

アニメーション監督である庵野秀明氏が企画し、樋口真嗣氏が監督した短編特撮映画「巨神兵東京に現る」のガイドブックです!

もともと「東京都現代美術館」の展覧会向けに製作された作品で、後に庵野監督の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」と同時上映されたことでも話題になりました。

本著の内容の濃さといったらないです!

特撮技術の裏側解説や制作日誌、絵コンテ等が余すことなく収録されています。

個人的な目玉は、アニメーターである前田真宏氏による初期のデザインスケッチや、造形師の竹谷隆之氏による精密な雛形造形の図版。

宮崎駿がデザインした巨神兵からの進化と変遷が感じ取れます。

お二方は、同監督の「シン・ゴジラ」にも参加されているので、そのファンたちもおすすめできる内容となっていますよ。

巨神兵といえば庵野監督が「ナウシカ2」を制作するのではないか、という噂がいろいろな映画ニュースサイトでも飛び交っていますね。是非実現させてほしいです!

今回はもうひとつだけ紹介したい作品があり、それは

Sid0020809

です。

地上と地下という別々の世界に生き、本来出会うはずのなかったちいさなネズミの女の子と粗雑な性格のくまの交流を描いた絵本原作のかわいらしいフレンチアニメーション映画。

物語も作画もキャラクターもぽかぽか暖かく、水彩タッチのほんわりした画も美しい。

一見子供向けかと思いきや、物語の根底には「差別・偏見・共生」といった扱いづらくも力強いテーマが全編を通して流れている。

でも暗くなりすぎることはなく、コメディタッチで軽快に進むのでお説教くさくないし、ジョークはどれもこれもおもしろい!!

「自分もこういうのを作りたい…!」と本気で思いました。是非、たくさんの人に見てもらたい作品です。

温度差激しい二作を紹介したところで、さよならさよなら、さよなら。

Jul

24

2017

ACジャパン受賞作公開!

こんにちは!おひさしぶりです!ソクラテスです!
 
最近暑い日が続いていますね…窓を開けても暑いのでクーラーに頼りっぱなしです(学校はいつもクーラー付いてるのでありがたいです)
 
さて、私も制作に参加した、第13回ACジャパン広告学生賞TVCM部門準グランプリBS民放賞受賞作『チキンの一生』が、7/1よりBS民放9局にて放送開始されました!
加えて、同日よりACジャパン公式サイトにて同作品も公開されました!!ヾ(*´∀`*)ノ
(報告遅くなりすみません…)
 
実は応募したときの映像からちょっとだけ変わってるところがあるんです(ΦωΦ)フフフ…
 
 
公開されるのを何ヶ月も待っていたので、公開されて本当にとても嬉しいです!!
BSですが、テレビで作品が流れる…!!と凄くドキドキしていたので、ついに!放送されるのか!!と楽しみと緊張でいっぱいな感覚です!
(悲しいことに私の家ではBS映らないので…見れません…。もし、見たよ!って方いたら連絡くださると嬉しいです!)
 
制作メンバーはもちろん、担当の先生方や助手さん達の協力も大きく、みんなで頑張って作った作品なので、是非たくさんの方に見て頂きたいです!!
よろしくお願いします!٩( 'ω' )و 
 
TVCM部門のグランプリ作品や、他部門の作品も公開されています!
来年度応募を考えている人は是非見てみてください!
 
 
第13回ACジャパン広告学生賞作品ページ
 
 
第13回ACジャパン広告学生賞表彰式の様子
 
<ソクラテス>

Jul

21

2017

【会社説明会】(株)ツインエンジンにご来校いただきました

7月10日(月)に、アニメーション学科にて

「株式会社ツインエンジン」の会社説明会が開催されました。

 

▽ツインエンジン 公式サイト▽

 

Dsc_0657

 

△説明会の様子△

 

(株)ツインエンジンは2014年に設立、デジタル動画を主にアニメ制作現場のオールデジタル化を目指す新スタジオとして誕生しました。

オールデジタル化に取り組む一つの主な例としては、紙と鉛筆で書くのが主流だったアニメーション制作に、

液晶ペンタブレットを用いて描くということを実践されています。

昔に比べ、年々日本アニメはよりハイレベルな作品が求められている中、

作業をオールデジタル化することにより、作画作業の効率化が見込め、

最終的な画面を意識した画作りがしやすくなったり

データという媒体になることで自分で作業した素材を手元に残しておける、など

作業のデジタル化のメリットはたくさんあります。

私もお話を聞いていて、ほとんどの事柄のデジタル化が当たり前となっている今、

これからアニメーション制作をするに当たってもとても大切なことだと思いました。

 

(株)ツインエンジンが携わっている作品には、

最近劇場で公開されていた『夜は短し歩けよ乙女』

アヌシー国際アニメーション映画祭 長編部門でグランプリ・クリスタル賞を受賞した『夜明け告げるルーのうた』

今期放送されているTVアニメの『DIVE!!』

そして、この京都精華大学アニメーション学科の卒業生である「石田祐康」さんがキャラクターデザインと作画監督として制作した『台風のノルダ』

など有名作品が多数あります。

『夜明け告げるルーのうた』は私も観に行きましたが、とても感動した良い作品でした…。

 

今回は非常に勉強になるお話を聞かせていただき、誠にありがとうございました!

今後とも何卒よろしくお願い致します。

 

うい

Jul

18

2017

ゲスト講師・益山亮司監督が来られました!

本日は、アニメーション造形表現実習にて、ゲスト講師が来られました!

東京でアニメーション監督をされている益山亮司監督です。

現在も、東京で制作されており、ご多用の中、合間をぬって大学へお越しいただきました!

Dsc_0668

(ご自身のキャリアを紹介)

Dsc_0667

(現場での経験を聞く2年生たち)

Dsc_0678

授業では、アニメーション学科ではない学生の姿も。

授業が終わっても、学生たちが質問のために監督の前に並ぶなど、とてもよい機会をいただきました。

監督、ありがとうございました!

また機会があれば、お越しください!

--------------
益山亮司監督

【フィルモグラフィー】

ブレンド・S (2017):監督

リトルウィッチアカデミア (2017)<TV> 第12話、第13話、第19話:絵コンテ

Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- (2016)<TV> Site 05:演出

ベイブレードバースト (2016)<TV> #36:絵コンテ

アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON (2015)<TV>:助監督
第15話、第22話:絵コンテ
第23話、第25話:演出

アイドルマスター シンデレラガールズ (2015)<TV>:助監督
第10話:絵コンテ/演出

異能バトルは日常系のなかで (2014)

第10話:声の出演

ヤマノススメ セカンドシーズン (2014)<TV>

十五合目:絵コンテ/演出

ご注文はうさぎですか? (2013)<TV>

第10羽:演出/絵コンテ

ビビッドレッド・オペレーション (2013)<TV>
第2話、第8話:絵コンテ/演出
第12話:演出

THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! (2013):絵コンテ/演出

貧乏神が! (2012)<TV> Round 4:絵コンテ

THE IDOLM@STER アイドルマスター (2011)<TV>

第10話、第22話:演出/絵コンテ

パンティ&ストッキング with ガーターベルト (2010)<TV>

第一話:第二原画/原画

第六話:第二原画

第八話:コンテ/原画/作画監督

第十一話:第二原画

第十七話:原画

第二十三話:原画


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 (2009) :第二原画

--------------

引用元:allcinema

(m)

Jul

15

2017

河村能楽舞台で能をみてきました~~!

文楽に引き続いて能もレポートしていくモッチーが通りますよ~っと!

今回は河村能楽舞台に行ってきました!!!

京都は今出川にあります。

↓↓↓

河村能楽舞台

Dsc_0537

はい、ここが能の舞台になります。

まずは建物の構造から!話していきたいと思います!

この写真では、わかりづらいですが手前の左右にも柱が立っています。
この柱ですが重要な役割が!あります!

それは能というのはお面をかぶって装束をまとって踊るわけなのですが、能のお面って意外と周りが見えない!のです。
どれくらいかと言いますと手を真正面に出さないと見えないくらいです。

上下左右も遮られます。その中で踊らないといけない訳なのです!!

そしてその踊りを踊る際に目印となるのがこの柱になるわけなんですね~^^

そして次に奥に見えます松!!

これ実はどこの能舞台行っても松なんです。松が好きなんですかね~??

じつはこの後ろの松には竹も描いてあります。小さくですが。
ん??松竹・・・?ということは梅もあるじゃん!!と思った方、日本人ですね(笑)

実は松竹梅という三単語、日本でしか通じないみたいです(;'∀')

留学生の人も???といった顔で不思議がっていました。

ですが、梅は描かれておりません!何故でしょうね。

理由を河村先生(写真の女性)が説明してくれました。

松というのは長寿を意味、連想させますね。

つまり能が誕生してからずーっと伝統として続きますように、という意味が込められているようです。

そして竹。竹はまっすぐに伸びるので能を学ぶ子供もまっすぐに育つように、という意。

問題の梅ですが、梅はなんと能を舞う人の事を指します。

つまり舞台で待っている姿が華、ということですね^^いやはや、かっこいいですよね!!!

Dsc_0557

そしてこの三人は手前から大鼓、小鼓、笛(能管)ですね!

丁寧に説明して頂きました( *´艸`)

Dsc_0594

そして基本の動作のお稽古・・・皆さん難しそうでした('ω')

貴重な経験ができたと思います!

河村先生どうも有難うございました<(_ _)>

以上!

モッチーでーした!

Jul

13

2017

7月4日(火)ゲスト講師_原科大樹さんをお招きしました!

はじめまして!新しくブログスタッフになった、1回生のさんかくです。

初めての投稿で緊張しているんですが、どうぞよろしくおねがいします △

 

 

さて、今回は1回生で必修科目になっている”アニメーション基礎研究”という

授業について書かせていただきます。

 

普段の授業では、アニメ業界で頻繁に使われる業界用語について勉強したり、

業界について様々な視点から調べていったり、科目名の通り”アニメの基礎”について

詳しく学ぶことが出来ます。

しかし今回は特別授業ということで、アニメ科の卒業生で現役アニメーターとして活躍されている 

原科大樹さん をお招きして、アニメ業界のリアルについて教えていただきました!

Dsc_0532_2お話を聞いてて思ったんですけど、原科さんって仕事の話をするときすごく笑顔なんですよ...sign01

学生時代もアニメの事を第一に考えてらっしゃったらしく、好きなことを仕事に出来るっていいなぁと思いました!

自分も原科さんのように熱中できるものを仕事に出来るよう、今から努力していこうと思いましたupup

Dsc_0524_2                ↑授業中の様子↑

 

原科さん、ご多忙の中本当にありがとうございました!

6月29日(木)、7月6日(木)ゲスト講師サライマサコ様にご来校いただきました

6月29日(木)、7月6日(木)「ストップモーション実習」内にて、

ゲスト講師_サライマサコ様にご来校いただきました。

Dsc_0500

サライマサコ様は、神戸山手女子短期大学 デザイン学科を卒業されました。

その後、イラストレーション事務所を経て独立され、現在京都精華大学の

特別講師として、ご活躍されています。  

プロフィール … http://www.spg-ltd.jp/page/18   

今回は2回に授業を分けて、クレイネンドで立体アニメショーン用の人形を製作する実習を行いました。

学生たちはキャラクターを自分で考えて、設計図から制作しました。

Dsc_0499_2

銅線とスタイロフォームを使った骨組みにクレイネンドを盛り付ける作業は、

皆さん慣れておらず苦戦しているようでした。

しかし、自分の考えたキャラクターを実物にするのは、

大変ながらもとても楽しい作業のようでした!

19702396_1182019501944750_768791718

サライマサコ様の懇切丁寧なご指導もあり、着々と完成が近づいているようです…!

19748745_1182019571944743_149484389

19702387_1182019521944748_874635970

完成が楽しみですね!

サライマサコ様、2週に渡りご来校いただき、誠にありがとうございました!

今後ともよろしくお願い致します。

助手 K

7/29(土)オープンキャンパス内の講演会について_お知らせ

7月のオープンキャンパスが近づいてまいりました。

7月29日(土)、30日(日)の2日間ですので、ぜひご参加下さい。

また、下記の日程にて、森本先生・数井先生・大橋先生の講演会が実施されます。

参加自由ですので、学外の皆さま含め、奮ってご参加下さい。

■日時: 7月29日(土)13:00~14:00

■場所: 京都精華大学 本館3階 H-303

講演会では、現在放送中のアニメーション「18if」に関するお話も聞かせていただけるとのこと…!

「18if」にて、森本先生は総監修、数井先生はデザイン監修をされていますので、

現場の声が間近で聞ける、またとないチャンスです!

さらに!来ていただいた皆さまの中から5名ほど、「18if」のサイン入りポスターが

プレゼントされる…かも…!?

皆さまぜひぜひ、ご参加下さいませ!

助手 K

Jul

7

2017

7月5日(水)シナリオ論:杉井ギサブロー先生の講義

7月5日(水)、アニメーション業界の巨匠、杉井ギサブロー先生に講義いただきました。

■杉井ギサブロー先生 … プロフィール

■代表アニメーション作品 …

 『まんが日本昔ばなし』・『キャプテン翼』・『銀河鉄道の夜』

 『タッチ』・『あらしのよるに』・『グスコーブドリの伝記』

■ドキュメンタリー映画『アニメ師・杉井ギサブロー』 … 特設サイト

Dsc_0617

授業内では、シナリオを書く上での「面白さ」「楽しさ」「重要性」を

杉井先生が制作されたアニメーション作品を参考に、講義いただきました。

授業内でシナリオの構成に四苦八苦している学生たちにとって大変勉強になり、

今後の取り組みに活かすことの出来る講義内容だったことでしょう。

Dsc_0618

また、授業内では担当教員の石岡先生との脚本談義や

学生からの質問にも答えていただきました。

杉井先生、本日は貴重なお話を沢山聞かせていただき、誠にありがとうございました。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

助手 K