Oct 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Mobile




« 2013年6月 | メイン | 2013年8月 »

2013年7月

Jul

29

2013

真夏のオープンキャンパス無事終了しました

今回のオープンキャンパスにもたくさんのご来場ありがとうございました!!sun
真夏のオープンキャンパスは大盛況の内に幕を下ろしました。

カンカン照りのあつーい日差しかと思いきや、途中でぽつぽつ雨が降ったりと不安定な天候の中

遠くからも近くからも足を運んでくださり本当にありがとうございます。

それでは昨日のオーキャンの様子をお伝えしますね

shine高校生アニメーションコンテスト

Dsc_2725s_
40枚以内という制限の中自分の感性を動画用紙にぶつけよう!!

参加していただいた皆さんの作品は当ブログにて8月中旬公開予定です。

どんな作品が集まったのか楽しみ~happy02

Dsc_2727s_

Dsc_2726s_
shineストップモーションスタジオ展示

Dsc_2731s_27日のワークショップ後は内装を変えて、ストップモーションアニメーションに
関する展示を行いました。

Dsc_2735s_

shineドローイング体験

Dsc_2718s_
今回初!くずおか先生によるドローイング体験では鉛筆デッサンを学びました。

受講した学生さんはこのワークショップでだいぶ画力が上がったのでは!?

Dsc_2745s_
shineトークイベント

Dsc_2761s_
さて今回の数あるイベントの中ではメインとも言うべきトークイベント「森本晃司監督と語ろう」、

写真の通り満員御礼の大盛況でしたfull

Dsc_2767s_
トークの内容は残念ながらオーキャンスタッフは聞くことが出来なかったのですが、

アニメーション学科の学生がわんさか聞きに来ていたので後で捕まえて当日の様子を

ブログにでも書いてもらいましょうかねcatface

Dsc_2781s_
イベント後は学科の受付に顔を出してくださり、それを聞きつけた学生達が集まってきて

急遽サイン会が開かれることに!

気さくに、そして丁寧にサインしてくださいましたよ。居合わせた人たちは本当ラッキーでしたねwink

さて、今年のオープンキャンパスは今回でおしまいです。

また来年の春、みなさんとお会いできる日を楽しみにしていますhappy01paper

それではよい夏休みを!!

 

(写真提供:津堅先生)

 

Thana

Jul

27

2013

【速報】夏のオープンキャンパス1日目の報告!

夏のオープンキャンパス1日目が、無事終了しました!

せっかくですので、その1日目の様子をちょっぴりお見せします!



 ■受付

Oc01s_

 ■受験相談

Oc02s_


■展示会場

Oc03s_

 

Oc04s_

Oc06s_

Oc07s_


■くずおか先生特別ブース

Oc08s_


■落書きコーナー

Oc09s_

Oc10s_

■CG・アニメーション講座の様子

Oc12s_

■ストップモーションのワークショップの様子

Oc13s_

Oc14s_

 

それでは明日の目玉イベントを一挙紹介!!!!

■7月28日(日)
 
1)アニメーター体験
対峰館2階 アニメーションホール(T-216)
11:00~13:00、13:30~15:30
絵が動くとは、どういうことなのか。みなさんに絵を描いてもらい、それを動かして見せる、アニメーションコースでの作画の学びを体験します。CGも使いますよ。

Dsc_0554

2)ドローイング体験
黎明館1階 L-001
11:00~13:00
アニメーションコースの入試で皆さんが苦戦するデッサンなどのドローイング。このイベントでは、コース教員がドローイングの基礎を教えます。先着15名程度。

3)森本晃司監督と語ろう
対峰館1階 T-109
13:30~15:00
アニメーションだけではなく、あらゆる映像表現に取り組む森本晃司監督が来場。みなさんと直接お話ができるトークイベントです!

4)学生作品展示

Dsc_0624


5)入試相談

Dsc_0615

 

 

それでは、明日もまた、皆様のご来場も心より、お待ちしております!
このオレンジのシャツ↓が目印ですよのでどんどん声をお掛け下さい!
明日も暑くなりそうです。水分補給をしっかりして、気をつけていらっしゃって下さい!

 

-------------------------------------------------------

 

2013年度 京都精華大学 第三回オープンキャンパス

会場 : 京都精華大学

日程 : 平成24年7月28日(日) 10:00~16:00

京都精華大学HP

アニメーション学科アニメーションコースのページ

交通アクセス

キャンパスマップ

(写真提供:津堅先生)

(藤村)

Jul

26

2013

【告知】2013年度 夏のオープンキャンパス!

Image

急なお知らせになってしまいましたが、京都精華大学では、明日の7月27日(土)から28日(日)の2日間に渡って夏のオープンキャンパスが開催されます!

毎回のことながらくどくてすいませんが、
「今回のオープンキャンパスってなにするの?」って気になっている人もいると思いますので
京都精華大学マンガ学部アニメーション学科のオープンキャンパスの実施内容をご紹介します!

 

■7月27日(土)
 
1)ストップモーションアニメーション体験
対峰館1階 ストップモーションスタジオ(T-107)
11:00~13:00、14:00~16:00
人形や日用品などさまざまな「モノ」を動かして見せるストップモーションアニメーション。その作り方を実際に体験します。

Dsc_2412s_

 

2)トーク 先輩が語る~公募制推薦入試 傾向と対策-私の場合~
対峰館2階 アニメーションホール(T-216)
12:15~13:00
アニメーションコースの公募制推薦入試では、どんな準備をすればよいのか。公募制推薦入試で合格した在学生が、その秘密を明かします。

Dsc_0627

3)学生作品展示

Dsc_2417s_


4)入試相談

 

Dsc_2223s_


■7月28日(日)
 
1)アニメーター体験
対峰館2階 アニメーションホール(T-216)
11:00~13:00、13:30~15:30
絵が動くとは、どういうことなのか。みなさんに絵を描いてもらい、それを動かして見せる、アニメーションコースでの作画の学びを体験します。CGも使いますよ。

Dsc_0554

2)ドローイング体験
黎明館1階 L-001
11:00~13:00
アニメーションコースの入試で皆さんが苦戦するデッサンなどのドローイング。このイベントでは、コース教員がドローイングの基礎を教えます。先着15名程度。

3)森本晃司監督と語ろう
対峰館1階 T-109
13:30~15:00
アニメーションだけではなく、あらゆる映像表現に取り組む森本晃司監督が来場。みなさんと直接お話ができるトークイベントです!

4)学生作品展示

Dsc_0624


5)入試相談

Dsc_0615


以上第3回、夏のオープンキャンパスは以上の内容となっております!
すごい楽しいよ!
忘れられない一日、いや2日間になるよ!
ってなわけで、みなさま是非、遊びに来て下さい!
今年最後のオープンキャンパス!!
オレンジ色のTシャツでお待ちしております!!

 

-----------------------------------------------------------------------------------

2013年度 京都精華大学 第三回オープンキャンパス

会場 : 京都精華大学

日程 : 平成24年7月27日(土) 10:00~16:00

            28日(日) 10:00~16:00

京都精華大学HP

アニメーション学科アニメーションコースのページ

交通アクセス

キャンパスマップ

(藤村)

 

Jul

17

2013

WOWOWで杉井監督作品を放送!

今日は祇園祭の山鉾巡行ですね!

出勤の途中に山鉾を見て来たという先生もいらっしゃいましたよhappy01

今の時期は校内でも浴衣を着た学生がたくさんいて目が楽しいですeyeheart04

さてさて、8月8・9・10日の三日間、WOWOWプライムでは杉井先生の監督作品を特集します。

テレビを持っていない学生も多いとは思いますが、是非この機会に杉井監督の

作品を見返してみてはいかがでしょう。

 

shineWOWOWプライム 杉井ギサブロー監督特集!shine


8/8(木)19:50~ 『銀河鉄道の夜


 8/9(金)19:50~ 『あらしのよるに』 


 8/10(土)20:10~ 『グスコーブドリの伝記


 http://t.co/XFb6uqr8Wf

diamondWOWOWプライムdiamond


8/10(土)18:35~ 『アニメ師・杉井ギサブロー』(監督石岡正人)

http://t.co/bRrleWtEbW


是非、御覧になって下さい。


Thana

 

Jul

11

2013

【ポスプロ実習】アフレコの様子をお送りします♫

今週月曜日、「ポストプロダクション実習」の授業にて行われた
アフレコ実習のレポートを任されました、
アニメーション学科三期生のGです。
卒業生ながら、先生方のご厚意で今回の授業を見学させて頂きました。
有難うございました
 
アフレコの題材は「うたわれるもの」。
ちなみに一昨年も同じ作品でした

まずは声をあてて下さる日本ナレーション演技研究所の皆さんが音響スタジオのブースに入り、
マイクの入り方やそれぞれのキャラクターの確認などをしながら打ち合わせ。
118_2人数に対して本数の少ないマイクに入れ替わり立ち代わりしないといけないのは
何度見ても大変そうです

 映像を流し、実際に演じてもらいながら細かく指示を伝え、テストを繰り返して迎える本番。
苦戦していた商店の通りのガヤはアドリブの難しさと楽しさを感じました。
130_2卒業制作を控え、休憩中もプロのミキサーの方の指導を熱心に受ける学生さんたち。
一昨年はミキシングに挑戦した学生が少なかったので、プロの技を間近で拝見しながら
皆でわいわいしていて羨ましくなってしまいました
131_2そして、こっそり教室の後ろで授業に潜入していたハクオロ役の宮坂俊蔵さんと
エルルゥ役の佐藤聡美さんが登場!
日ナレの方に加え、お二人を交えたアフレコがスタート。
緊張感漂う中、生で聞くプロの声優さんのお芝居に聴き入ります
 
138_2そしてアフレコの後は、お二人への質問に直にお答えして頂けることに。
(本当に贅沢な授業です!)
お二人ともたくさんの質問にひとつひとつ丁寧に解答してくださいつつ、
繰り広げられる軽妙なトークに、ラジオの公開録音に参加しているような感覚でした
 135声優を目指したきっかけやアニメと外画の収録の違い、新人の頃のお話から
休日の過ごし方まで、たっぷりと時間をかけ貴重なお仕事の裏側をお話頂きました。
中でも「理想の監督さんは?」という質問で「アフレコ収録までにある程度絵を仕上げてくれること」という解答には耳が痛かったです…
反面、厳しいスケジュールの中でやり遂げている作品に出会うと制作側の熱意を感じる、演じる側も応える気持ちが強くなるとのお二人のお話に、卒制への気合いを入れ直した学生さんも少なくないのではないでしょうか?
 141_2
制作側と関わる質問の中で、抽象的な言い回しや、何故そのお芝居が求められているのかが伝わらないディレクションは制作側とビジョンが共有し辛い、というお話に何度も頷いてしまったのですが、
自分は一昨年ディレクションとしてこの授業に参加し、特に明田川先生の役者さんへの演出の伝え方や気遣いに感銘を受け、今回の見学希望に繋がりました。
あの時の感情は精華での生活の中でも非常に印象深く、本当に良い経験となっています。
作品で直接音響と関わらずとも、役者さんだけでなくグループの仲間とのコミニュケーションもこの授業の中で考えるきっかけになっていれば、より良い作品づくりに活かされるのではないかと勝手ながら感じています
 
さて、授業だけでなくブログにまでお邪魔した挙句、長々とお話してしまいすみませんでした
卒制も中盤かと思いますが、素敵な作品を生み出してください!
 
お世話になりました日本ナレーション演技研究所の皆様、青二プロダクションの皆様、
見学を許して下さった先生方、ありがとうございました!