Oct 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Mobile




« 2013年2月 | メイン | 2013年4月 »

2013年3月

Mar

30

2013

サイパンレコーディングゼミ(その1)

Q:さて、私はだれでしょう?(答えは文末)

Imgp0064_4

私たちT&Oは3月25日~29日まで

北マリアナ諸島サイパンにて

レコーディングゼミに参加してきました。

まずはOがレポート。

25日の夜は飛行機に乗り日本を出発。

初の海外!いってきまーす!

Img_0414

サイパンに着陸する時、勢いよくガコンとなり

ウトウトしていたOはびっくりして「着陸!」と叫んでしましました。

先生がレコーダーで機内の音を録音してたのにすみません…

サイパンと日本には時差があり、時刻は日本より1時間ほど早いです。

飛行機は3時間ほどで深夜のサイパンに到着、

空港に出るとむわっと湿気の多いぬるい空気が・・

その後バスで移動し、ようやくホテルに着いた私たちは

3時間ほど仮眠をとって翌朝早朝からロケハンを兼ねたツアーに参加しました。

Img_0426

ツアーではバスガイドさんの日本が統治していた頃のサイパンの生活や

当時の日本軍の話を聞きつつ観光を兼ねながら各所を下見しました。

また途中立ち寄ったラストコマンドポストでは

銃弾の穴が生々しい防空壕を見学しました。

Img_0430_2

 

Imgp0044_3

 

そこで飲んだココナツジュースは思ったよりあっさりした味で

ジュースが無くなった後はココナツの実も食べたのですが、

醤油とわさびを付けて食べろと・・。

戸惑いながら食べてみると…

なんとイカのような味が!

甘みがあってツルッと凄くおいしかったです。

Img_6940

またバンザイ岬はすごい絶壁に戦争があった当時の

大砲によって空けられた大きな穴がいくつもありました。

Img_0422

海が染めたような深い青にとても驚きました。

Imgp0034

 

Img_0427

 

Img_0460

パウパウビーチは広い浅瀬に

遠くの珊瑚で出来た壁(リーフ)で大きな波は消えてしまします。

2方向から波が来る岸辺など場所ごとに違う波の音に明日の収録が楽しみです!

Img_0468

昼食はサイパンハードロックカフェへ!

Img_6975_2

 

ハンバーガーの大きさが凄い!!お肉の厚みもあってボリューム満点でした!

Img_6979

2つ頼んでTは半分、Oと先生は4分の3ずつ食べてごちそうさま。

おいしかった!

午後からは単独で他の場所のロケハンを進めました。

Img_0481

ようやく夕方にはホテルに戻ってお楽しみのプールに・・・

思いっきりはしゃいじゃいましたw

Imgp0071

 

Imgp0072

 

ということで前半終わり・・

サイパンレコーディングゼミ(その2)

そして27日早朝!

ガイドと車をチャーターして

とうとう今回のゼミの目的である

波の音の収録へと出発しました。

収録の様子はTがお伝えします。

サイパンの海はどこもとても透き通っていて

ひんやりとした冷たさはなく

喜んで水の中へ足をつけていました。

Img_7021

海はいいんです。きもちいいです。

しかしなんといっても日差しが暑い!!

収録の間、良いポジションを見つけたら

そこから動かずにじっとしていないといけないのですが、

じりじりと刺すような太陽光には何度も負けそうになりました。

でもでも日本とは違う波の音!

日本にはない手前と奥の二つの波の音が

まざった独特の波に収録にも気合いが入ります。

Img_7100

 

Img_7111

波のそばや崖の上からその場所によって

様々なポジションからしっかり収録できるかどきどきしました。

Img_7084

 

Imgp0076_2

 

マイクのポジションによっては体の半分を

海につけて録音するときもあります。

Img_7052

自分の体はほっとけば乾きますが、

なんといっても緊張するのが何十万もするような

機材を何かの拍子に海の中へ落としてしまわないか!

腕もしびれてきます…

Imgp0078

 

時には森の奥深くに進み

Imgp0088

 

良い音のためには体力が必要なのだと再確認しつつ、

じっと耐えて収録を続けました。

Img_7102

うまく録れているといいな!

ほぼ一日外で収録をし続けた私たちは

日焼け止めをこまめに何度も塗ったにもかかわらず、

すっかり日焼けしました。

Img_7055

Tは特に足の甲とつむじあたりが痛いです…!

ホテルに帰り着いたのは日没前・・

全員へろへろになってしまっていました。

ちなみにサイパンの日差し、

紫外線は日本の3~4倍らしいです。

Img_0443

大変ではありましたがとても良い経験に

なったことは間違いありません!

日本食が少し恋しくもなりましたが、

またゆっくりと訪れてみたいとも思いました。

ネイチャーサウンドの収録だけでなく、

水着になって開放的な空間で海やプールに浮かびながら

ゆっくりとしたい人にオススメな場所です!

最後の夜に食べたステーキはなんと220g!とてもおいしかったです。

Img_7122

 

 

海岸からの夕景はとてもきれい。

Img_7147

 

おわり。

A:私の正体は サイとパンダで サイパンダっ でした(笑)

=解説=

サイパンは1500年代マゼランが発見、

約3世紀に渡りスペインに統治され、その後ドイツ、

そして日本(第二次世界大戦終結まで)がサイパンの主権を握ることとなる。

またサイパンは天皇皇后両陛下の「慰霊の旅」の地としても有名であり、

永遠に続く青い大海を望むバンザイクリフに建立されている「日本人慰霊碑」は

訪れる者達全てに重々しく反戦の意を伝えている。

私自身も過去現地の(チャモロの)老人に取材を行った際、

バンザイクリフから身を投げる10代そこそこの日本兵達は

資料にある「天皇バンザイ」では無く、「お母さん!」と叫んでいたのだ・・

と聞いたときは胸が張り裂けんばかりになった記憶がある。

悲惨な戦争の激戦地となったサイパンだが

島内には未だ手つかずの自然が数多く残されており、

自然を体感するには大変魅力的な島でもある。

そんなサイパンにおいてのゼミの目的は、

自然といかに共存(共生)し、一体になれるか、

そして自然界の無限なダイナミックレンジの中から

必要な音を少しだけ分け与えてもらうことが出来るか・・

がポイントだ。

また今回ゼミに参加した学生達には細かな

数値データの計測や情報記録の指示は与えていない。

視覚やデータ情報に惑わされず自らの体感を信じ、

音源の心地よさを導き出すことに専念してもらった。

またそれ以外にも戦争被害や植民地、移民問題を含め、

産業や経済が衰退の途をたどり、苦境に立たされている

一つの島国が目の前にあることを肌で理解してもらいたい・・

との思惑もあった。

ブログの記載内容は一見楽しげなことばかりが並んでいるが、

睡眠時間もそこそこに、常夏の環境下、早朝から日没ぎりぎりまで、

11時間以上、1日8カ所ものロケ地を歩き回り、収録を重ねる・・。

これは二人には想像以上に辛かっただろう。

それでも彼女達は文句も言わずに黙々と作業に没頭し、

海に向かってマイクを向けていた・・大したものだ。

私自身はロケ終了後夜は疲れ果ててほとんど記憶がない(笑)

少しの時間を見つけての南国満喫も、

フィールドレコーディングも、そして戦地体験も・・・

彼女達は日本では決して学ぶことの出来ない

何かをきっと感じ取ってくれていると信じている。

<K-be>

Mar

29

2013

第9回ACジャパンCM学生賞を受賞しました!

春休みも終わりかけのところにニュースが飛び込んできましたsign03

ストップモーションアニメーション実習』の授業内では、

通年授業の集大成として4グループほどに分かれて公共CMを制作するのですが、

そのうちの2作品が「第9ACジャパンCM学生賞」の優秀賞を受賞しました!

おめでとうございます!!happy02

shine優秀賞shine

『ゴミを片付けろ!』編

前田 薫平 石橋 朱里 吉田 幸 岸 真惟子

002

こちら授業内での撮影の様子。

shine優秀賞shine

『自己チュー運転』編

川並 卓弘 大鳥 友希 新迫 美咲 徳田 恒弘 永田 勝孝

003

こちらも授業での制作の様子。

上記2作品は後日ブログにアップしたいと思います。どのようなCM作品になったのか

私もまだチェックしていないので楽しみです!!

そして、今月27日(水)は東京汐留電通ホールでCM学生証の表彰式がありました。

Img_0441

各班の代表で岸さんと川並君が登壇しました。

Img_0475

石堂先生と皆で一枚cameraimpact

Img_0480

皆さんお疲れ様でした~cafe

Thana

Mar

20

2013

2012年度 アニメーション学科 卒業式

アニメーション学科4期生のみんな、ご卒業おめでとうございます!

非常に寂しくなりますが・・・

みんなの新たな門出に際し、更なる飛躍と今後のご活躍をお祈り致します!

Photo

(藤村)

Mar

18

2013

第23回 LIVE KIDS オープニングアニメーション!

Dscf1059


昨日、京都市ユースサービス協会主催であるアマチュアダンス & ミュージックの祭典であるLIVE KIDS Vol.23が開催されました。

そのイベントのオープニングを飾るムービーを京都精華大学アニメーション学科の1回生が有志で制作しましたので、ご紹介いたします!!

それではまず、ご覧ください!!!


YouTube: LIVE KIDS Vol.23 オープニングアニメ(Opening Animation)

さていかがでしたでしょうか?
女の子たちがスタイリッシュにゾンビをなぎ倒していく姿は圧巻ですね!!

ちなみに会場でみるとこんな感じです↓

Dscf1026

すごい迫力ですね!!!


会場ロビーのメイキングの展示会↓

Dscf1012

Dscf1014

そういえば、制作チーム春休みにもかかわらず、毎日大学にきて一生懸命制作していたよね。。。
いやはや大したもんです!!
また、これからの活躍を期待しています!!!

(藤村)

Mar

13

2013

エンジョイスポーツ!

昨日はスポーツしたい4回生十数名(+2回生二名)が集まって

体育館を貸切り、体育大会を行いました。

種目はバスケ、ドッジボール、バドミントンtennisbasketball

今までもフットサルしたり鬼ごっこしたりと、結構アクティブだった現4回生。卒業前に

体育館でみんなでスポーツしようというのも何だからしいですね。

130312_163101

と、みんながスポーツしてる写真をたくさん撮るため意気込んで参加したのですが、

一緒にバスケやバドミントンを楽しんでしまい遊んでいる最中の写真は撮れずじまいでした・・・。

(上の画像は4回生N畑ちゃんから貰ったものです。ありがとうcoldsweats01

いやーしかしドッジボールでは男子が生き生きとしてとても輝いていましたねshine

Kimg0145

速やかにお片づけの図。

片付けだけは異様にテキパキこなすのがアニメーション学科の特徴です。

Kimg0146

帰る間際の女子勢をパシャリimpact

みんな明日は筋肉痛だ~と言いながら帰って行きましたが若いのでそんなにダメージは無いんでしょうね・・・。

かくいう私は今メチャクチャ筋肉痛なのでバ○テリンさんにお世話になりながらゆっくり動くこととします!

Thana