Oct 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Mobile




« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

2011年11月

Nov

30

2011

卒展にむけて

昨日は卒業制作展の会場となる京都国際マンガミュージアムへ視察に行ってきました。

4回生卒展委員と一緒に、来年卒展委員になる(であろう)3回生も何人か引き連れての視察です。

P1010040

マンガミュージアムの研究員の方との待ち合わせ時間まで、

事前に考えてきた展示のレイアウト案を先生にチェックしてもらっていました。

P1010044

アニメーション学科の展示スペースの説明を受けるメンバーたち。

レイアウトを決めるため、展示物を置く机やパネルなど計測していきます。

P1010045

↑はマンガミュージアムの裏口。関係者でないと出入りが出来ないのです!

マンガミュージアムのバックヤードなんて普通に利用しているときには見ることが出来ないですからね~happy01卒展委員役得ですね。

これから卒展まであと2ヶ月半、きっとすぐ過ぎて行ってしまうのでしょうが、最後まで息切れしないよう頑張っていきましょう!

Thana

Nov

25

2011

ドラマ撮影はいりました

どうも、総研スタッフの金曜に淡々とBlogを更新する方、ydaです。
なんかもう、最近寒くて寒くて寒いですsad 皆様風邪をひかぬよう。

さて、今日の「音響基礎2」、石岡先生の映像コースはついにドラマ撮影に入りました!
今日はリハーサルの日です。
↓画面センターのイスに座る二人が役者(現在演技中)、その奥にカメラマンと監督。

Dsc_0870

実際に演技をしながら細かい演出を考えていきます。
どう部屋に入ってきてどこに座るのか?こう言われた時にこの人物ならどう反応するか?など。

Dsc_0869

ホワイトボードに人物設定が色々かかれていますね。
どうやら二人の男の子と一人の女の子を巡る話らしい‥?

Dsc_0872

石岡先生の演技指導が入ります。
この人物のこういう行動・発言に説得力をもたせる為にはどういう演技が必要か。
何気ない行動一つ一つにもその人物らしさを出すことが出来るんですね。
ドラマ撮影(実写撮影)における演出とは何か、が重要になってくるのだと思います。

あ、ちなみに今年はトイレじゃないらしいですtoilet
でもやはり恋愛関係が入り組んだシナリオのようですよ! 
来週からの撮影が楽しみ。体力いる撮影だけど楽しんでやってほしいなあ。
がんばって!

yda*

Nov

22

2011

♪アフレコがありました♪

昨日は日本ナレーション演技研究所大阪校(通称日ナレ)の生徒さんたちを

お招きして、卒業制作作品のアフレコがありました。

1

先生方の指導のもと、音声を収録していく学生達。

操作に手間取ってブース内の人たちをあまり待たせないよう気を使いながら頑張っていましたcatface

そしてですね、私アフレコ現場は初めてだったんですけど、日ナレの学生さんの声が

「あ、アニメの声だ!!」って声でビックリしたんです!

何を言ってるんだ当たり前だろ・・・と思うでしょうけど、とにかく感激したと言うことです!

すごいアニメのこえ!ってなったんです(頭の悪い文ですみません)

生で聞くアニメ声はなんだか不思議な感覚をもたらします・・・

013

そして酒場のガヤをとるため、出番待ちで見学していた男性陣も急遽参加する事に。

収録ブースがみっちりですsign01

嬉々としてブースインしていく男子とは裏腹に、女子たちは「ずる~い」「私達もやりたい!」と悔しそうにしていて、みんな前に出るやる気に溢れているんだなぁと感心しきりでした。

016

収録を見ていて感じたのが、監督が演技者に自分の考えをうまく伝えるのは大変だと言うこと。

支持が的確でないと、演技するほうに監督の意思が伝わらないまま収録することになってしまうというのはわかっていんですが、やっぱり一人一人違う考えを持っている人間なので意思疎通は難しいですよね。と、明田川先生の学生に対するフォローを見て思ったのでした。

収録中は常に和気藹々としていて、個人的にもとても楽しいアフレコ見学でした。

Thana

Nov

17

2011

パントマイム!

おはようございます。
今回は、分析演習の特別授業で、パーカーズの木原アルミさんと、山谷一也さん(以後、ヤマちゃん)がきてくれました。

パフォーマンス中はストーリーを理解しようと、お二方の行動に目が離せませんでした。

写真では伝わりづらいと思いますが、授業の一部をご覧ください。

P1000971_2

こちらは綱渡りをしているところです。

P1000974

今度は、ハシゴをのぼったり、降りたりしているところです。

P1000975_2

ソロマイムという、一人二役でキャラクターチェンジをしながら
舞台を進行する表現方法のパントマイムも披露して頂きました。

「マダムと日傘くん」

P1000985_3

マダムの雰囲気を醸し出しているのは、木原アルミさんです。
左手で日傘を連想させるストーリーパントマイム中です。

P1000986_2

マダムに照れる日傘くん。かわいいです(*^^*)

衝立を使ったパントマイムも披露してくださいました。

P1000989_2

P1000990_2

ヤマちゃんに、おじいちゃんのパントマイムをお願いしたところ、私たちが見てわかるように、細かく演技をしてくださいました。
杖を持ち、お腹を少し引込め、首を少し前にだし、脚の内側が弱っていることを表現すれば

おじいちゃんになると見せてくださいました。
表情もおじいちゃんそのもの。

P1000978_2

パントマイムは、セリフが無くても体の動きと顔の表情でストーリーを楽しめ、
観客とのコミュニケーションも取れるので、とても魅力的な芸術的表現方法です。
何よりもアニメーションの動きの要素として学ぶことが大きいと感じました。

そのためには、日常生活で起こった出来事や、そのとき取った行動を常日頃からメモしている木原さん。
私たちも、身近なことに経験しながら、関心をもち、気になったことはメモしてみることで、

何気ないことからアイデアをもらえる大切さを今回の授業で教えられました。

おまけ

P1000981

問題「あなたなら、何のパントマイムをしていると連想しますか?」

パントマイムは、やろうと思えば何でも表現できるという例として、
ヤマちゃんが「うんちくん」になって、うんちを表現するという場面もありました。

正解は「うんちくんです」

記事:酒井

Nov

11

2011

【先着順】ネパールティーあります

おはようございます。金曜日のydaです。

Dsc_0843_3

Kb先生からネパール産の紅茶を頂きましたcafe
種類は3種類、作り方の案内付きです。本格的な雰囲気で美味しそう…!
総研にあるので、気になる人は立ち寄ってみてください^^ 先着順です♪

ただし、もらうためには「Kb」という謎の通貨(?)が必要です。
キロバイトではありません。ケーべーです。いや、むしろケーヴェーです。
物によって何Kbが必要か違うようです。
とりあえず、紅茶を手に入れたい人は「Kb」の正体を暴きにきてください^^

でも心配はいらない、きっと素敵なKbを用意できるはず。
そう、Animation学科ならね。

*yda