Jun 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Mobile




Jun

22

2017

文楽に行ってきました~!!!

お久しぶりですモッチーです~~~!(^^)!

6/14日、アニメーション分析演習という授業の一環で、文楽鑑賞があります。
文楽はどういったものかというと、簡単に言うと人形浄瑠璃といって人形を3人で動かして話の流れを見せる人と、浄瑠璃といってそれに語り手の太夫、三味線で説明をする日本の伝統芸能なのです!!!
そしてその本拠地というのが大阪の国立文楽劇場というところにあります!
京都精華大学から3時間無いくらい・・・近いですね!バス組と現地集合組に分かれて文楽劇場に向かいます。

614_170621_0011

結構文字がでかでかと書いてるのでわかりやすいかと思います!!

中はこんな感じ

614_170621_0005

演目は違いますがこういう人形を動かしています。

実際に見ると大迫力で顔は特に生々しく動いていました・・・凄かったです。首の回し方、目の動かし方、角度、全てが極められていました。

また、太夫の方は男役、女役と声を演じ分けていて、誰の事を話しているのか、どういう気持ちなのか、恨み憎しみ、哀れみ等々ひしひしと伝わってきました。

それに伴い演者の三味線弾きの方は色々な弾き方で心情を表してきます。いきなりベン!!と鳴るとビクッとしてしまうほどです。

でも何よりすごいのはこの三業がしっかり合わさって一つの物語を作っていることでどれを欠くこともできない、三位一体の劇なのだと思いました。

614_170621_0007

最後に、僕たちが観たのは二人禿と仮名手本忠臣蔵という二つを見ました。

もし機会があれば国立文楽劇場に足を運んでみてはいかがでしょう?(^_-)-☆

以上モッチーでした!

Jun

20

2017

6月18日(日)オープンキャンパスを実施!

6月18日(日)に今年度第二回目のオープンキャンパスを実施しました!

また、今回もアニメーションコースのブースだけでも230名もの方々にお越しいただきました!

沢山の方々にご来場いただき、誠にありがとうございます!

以下、オープンキャンパスの様子をご紹介します!

まずはブース紹介!T-112には新しい授業「キャラクターアニメーション」に関してや、

「デジタル作画」に関してのパネル紹介が実施されました。

Dsc_0454

他にも卒業制作の作品や、授業内で制作した課題の上映も行われました。

ご来場いただいた皆さまには非常に楽しんでいただけて、本当に嬉しく思います!

Dsc_0456_2

さらに、ご来場いただいた方々には「卒業生の進路先が掲載された冊子」、

「卒業制作作品が収録されたDVD」なども、お持ち帰りいただきました。

また、音響スタジオブースでは恒例のアフレコ体験!

沢山の方々に、プロが使用する音響設備で実際に音を収録していただき、大変盛況しました!

Dsc_0444

Dsc_0475

その他、学生が制作したポストカードが貰える「釣り」のワークショップも開催!

沢山の方に楽しんでいただき、ポストカードもお持ち帰りいただきました。

次回も予定してますので、ご来場予定の方々は

素敵なポストカードを是非ゲットしてください!

Dsc_0438

Dsc_0467

また、AO入試対策講座も開かれました。ここでしか聞けないマル秘情報も…!?

Dsc_0452

さらに!アニメーションコース教員の数井先生による特別講義、

「アニメにおける人文学」が本館にて開催されました!

1_2

2つの分野が折り重なった、非常に濃い講義内容でした!

たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました!

まだまだ掲載しきれていないことがございますが、今回はこれにて紹介を終えたいと思います。

次回のオープンキャンパスは7月29日、30日です!

また新しい企画・掲示物・イベントを予定していますので、奮ってご参加下さいませ!

助手 K

Jun

12

2017

6月8日(木)ゲスト講師_安川宰成様にご来校いただきました

6月8日(木)、「ストップモーション実習」内にて、

ゲスト講師_安川宰成様にご来校いただきました。

Dsc_0419_2

安川さんはアーマチュアを使用したモデルを使用し、アニメーションを制作されています。

この分野での先導者とも言える方です!

※アーマチュアとは、人形アニメーション撮影時、人形に内臓される金属関節です。

この日の授業では、安川さんが制作された人形(怪獣)を実際に動かしていただきました。

怪獣が屈んだ状態から、勢い良く吼えるシーンです。

Dsc_0414_2

学生には動きを補助するグループ・撮影を補助するグループに分かれて、

安川さんの映像制作のお手伝いをさせていただくという

非常に貴重な体験をさせていただきました。

プロのお仕事を垣間見ることが出来、学生たちも大変勉強になったかと思います。

また、今回制作したストップモーションアニメーションは、3秒半程の長さでしたが、

制作にかかった時間は、何と1時間30分程かかりました。

ストップモーションアニメーションは少しの尺でも時間・労力が非常にかかってくる、

大変な制作だということが伺えますね。

制作時間は安川さんだからこそ、上記の時間内で制作できましたが、

アマチュアだとさらに制作時間がかかり、クオリティも断然違っていたことでしょう…!

Dsc_0410_2

さらに、完成した映像を観賞させていただきました。

怪獣が本当に生きているかのような、実に活き活きとした動きでした!

安川様は、動かす人形をゼロから作り、人形の骨組み・構造を

充分に理解していらっしゃるからこそ成し得ることが出来る、まさに職人技術だと思います。

ストップモーションを学んでいる学生にとって、大変勉強になる

お時間をいただき、誠にありがとうございました!

下記、安川様が制作された人形を一部ご紹介させていただきます!

Dsc_0426

Dsc_0424

安川様、ご来校いただき誠にありがとうございました!

(助手 K)

Jun

6

2017

6月5日ポストプロダクション実習にて

6月5日本日!ポストプロダクション実習では、

ゲスト講師に、shine三木眞一郎さんshineがお越しになりましたsign03

三木さんと言えば、「頭文字〈イニシャル〉D」の藤原拓海から、「ポケットモンスター」のコジロウまで、幅広い役どころで人気の声優さんですsign01

今日は特別に、声優学校の協力を得て合同授業が行われましたsign01

********************

(三木さんのお話しを真剣に聞く学生たち)

Dsc_0390


(講演の後は、いよいよアフレコ実習です!)

Dsc_0392_2

(アニメーション学科の学生たちは、調整卓で収録準備。真剣です。)

Dsc_0394_2

(初めての大きなミキサーで。)

Dsc_0395_2

(いざ、収録開始!)

Dsc_0400_2

(若林先生から声優の皆さんへ、演出が入ります。)

Dsc_0399

********************

三木さんと一緒に、アフレコされた声優の皆さんも少し緊張されているようでしたが、堂々とした演技でした。

若林先生の演出が入った後に収録された皆さんそれぞれの演技も、また印象が違い、とても勉強になりましたsign03

(m)

Jun

5

2017

雅楽・舞楽を知ろう!

こんにちわ、ブログスタッフのしもむーです!

5月24日、アニメーション分析演習の授業で

雅楽・舞楽を知ろう!という事で京都ノートルダム女子大学の

鳥居本幸代先生にお越しいただき、雅楽・舞楽について教えていただきましたhappy02

Dsc_0377

平安時代に雅楽は貴族の嗜みとしてあったそうです。

天皇も雅楽を愛であの光源氏も上手だったみたいですよ!shine

Dsc_0363

次に、実際に舞楽を披露していただきましたshine

これは毛縁裲襠装束という装束らしいです!

想像していたよりゆっくりな動きで落ち着いた感じでしたsmile

Dsc_0352

衣装や楽器なども実際に触れることができました

衣装を持ってみたのですが意外と重くて、これを着用しながら踊るのはとても大変だろうなと思いました。。。

昔の人はすごいですね、、、coldsweats02

龍笛もさわらせてもらい、やってみたのですが音がなかなか鳴らず、、、

リコーダー感覚ではダメですね(笑)

とても難しかったですcoldsweats01

今回初めて雅楽という文化について触れ、知ることができ

とても勉強になりした!confident

来てくださった鳥居本幸代先生、

ありがとうございました!!